保育士の転職

退職代行サービスとは?【保育士の利用も増えている】

保育士を辞めたいと思い始めると、「とにかく今すぐにでも辞めたい!」と思う方もいると思います。

特にブラックな職場で働いている場合はなおさらだと思います。

しかし、突発的に辞めることはどんな仕事でもあまり良くないことですし、保育園の場合は近くの園と横のつながりがあるため良くない噂が流れることもあります。

そんなことは分かっていても、「今すぐ辞めたい!仕事のことを考えると具合が悪くなる。」「辞たい意思を伝えたのに認めてもらえない。」といった方もいると思います。

また、保育士は人手不足なので引き止められることもあります。

引き止められるパターンとして、「今より給料を上げてあげる。」「もう少し待ってくれれば他の園に異動させてあげる。」などと言われることもあります。

しかし、自分だけ給料を上げてもらったり他の園に異動させてもらうことは、周りの職員に対して罪悪感を感じますし実際におかしなことです。

そのような言葉で引き止められても結局は長続きしないと思います。

今回は、そんな時に使える退職代行サービスについて書きました。

最近では保育士や介護士、看護師の方も多く利用しているそうです。

退職代行サービスとは

退職代行とは自分の代わりに退職手続きをしてくれるサービスのことです。

退職代行を利用すれば、退職代行スタッフが園に電話をかけて退職したいことを伝えてくれます。

退職したいと直接自分で伝える必要はないのです。

退職代行サービスを選ぶ時に注意すること

退職代行サービスに依頼する時は、労働組合が運営している退職代行サービスや弁護士が運営している退職代行サービスがおすすめです。

弁護士や労働組合が運営する退職代行サービスは会社(職場)との交渉が法律によって認められいますので、有給休暇の申請、退職金の支払い請求、残業代の支払い請求などを行うことができます。

一般の退職代行サービスは、退職したい旨、退職に必要な書類、残っている有休休暇を伝えることはできますが有休休暇や残業代の支払いの申請などの交渉はできません。

退職代行利用の流れ

①退職代行サービスに電話やメールをする

まず最初に、退職代行サービスに電話やメールをします。

LINEからも連絡を受け付けていることもあります。

②相談する(相談は無料です)

退職代行サービスは相談は無料です。

退職に必要な書類(離職票、源泉徴収票、在籍証明書など)を園から郵送してもらいたいなどさまざまな相談を受け付けています。

③申し込みをして入金する

退職代行サービスの場合は3万~5万円です。

弁護士が運営している退職代行サービスの場合は約5万円~10万円です。

④退職代行会社との打ち合わせ

打ち合わせでは、退職代行会社の方が退職までの流れを一緒に考えてくれます。

最初に電話などで相談した内容を確認しながら進めます。

打ち合わせ時に確認すること

  • 勤務先の名称、電話番号、住所、自分の雇用形態(正社員、派遣、パート)
  • 退職理由と退職したい日について(通常は退職したい意思を伝えて2週間後からです。)
  • 即日退職を希望しているかどうか(即日退職希望の場合は体調不良や家族の介護などが認めざるをえない理由が必要で会社が認めた場合に可能です。)
  • 仕事の引き継ぎをしているか
  • 残っている有休を使いたいか
  • 退職後に保険の切替や失業保険の申請などの手続きに必要となる書類について確認する(年金手帳、離職票、雇用保険被保険者証、健康保険資格喪失証明書、源泉徴収票、退職証明書、厚生年金基金加入員証)
  • 勤務先から借りているものがあるか(ロッカーのカギ、エプロン、園のマニュアルなど)
  • 勤務先から支給されているものがあるか(健康保険被保険者証、身分証など)

私物は退職日までに持ち帰っておいたほうがいいです。

⑤退職完了後にやること

  • 支給されていたもの、借りていたものを返却
  • 退職届の郵送
  • 各種保険や税金の手続き

退職が完了すると退職代行サービス会社から職場からの承認の報告と、郵送される書類などについて連絡があります。

職場には、退職者に連絡しないようにお伝えてくれます。

もし、職場から電話がかかってきても出る必要はありません。

退職代行サービスを選びかた

  • 信頼性のある会社
  • サービス内容が自分に合っている
  • 利用料金について

信頼性がある会社

依頼する時は信頼性を重視したほうがいいです。

退職代行会社によっては退職できないというトラブルもあるようです。

  • 顧問弁護士がいるかどうか
  • 退職代行の実績はどれくらいか
  • 交渉が認められているかいないか

サービス内容が自分に合っている

退職代行会社によってなどさまざまなサービスがあります。

  • 退職が成立してから料金を支払える
  • 退職後のアフターケアがある
  • 退職が成立しなかった場合は全額返金保証がある

自分にとって重要だと思うサービスを選んだほうがいいです。

利用料金について

料金は安いほうがいいと思う方も多いと思いますが、サービスはさまざまですので料金だけでなく自分に合ったサービスを選ぶことが大切です。

追加料金があるかどうかも確認したほうがいいです。

保育士におすすめの転職代行サービス会社4選

  1. 女性退職代行わたしNEXT
  2. 弁護士法人みやびの退職代行サービス(旧汐留パートナーズ)
  3. SARABA
  4. 転職代行Jobs
サービス名 実績 料金 サービス 相談 対応時間
女性の退職代行
わたしNEXT(労働組合が運営)
退職成功率
100%
正社員・契約社員・派遣29,800円
(社会保険に未加入の)パート・アルバイト19,800円

交渉可
無料転職サポート
(転職サポート利用の転職でお祝
金最大50,000円)
ヤメホー(月々3,300円で年2回まで利用可能)
全額返金保証

無料(電話・メール・LINE 24h・365日
弁護士法人みやびの退職代行サービス(旧汐留パートナーズ)
(弁護士運営)
退職成功率100% 55,000円(+回収した金額の20%) (困難な)交渉も可 無料(電話・メール・LINE) メールは24h
SARABA
(労働組合が運営)
退職成功率ほぼ100%   一律27,000円 交渉可
無料転職サポート
全額返金保証
無料(電話・メール・LINE) 24h・365日
転職代行Jobs
(弁護士指導)
一律29,800円 交渉不可
全額返金保証
無料心理カウンセリングを受けられる
無料(電話・メール・LINE) 24h・365日

➀女性の退職代行「わたしNEXT」

退職代行体験談]わたしNEXTが行う退職代行の評判は?口コミだけでは ...

女性の退職代行わたしNEXTは労働組合が運営する退職代行サービスです。

保育士が利用する場合、女性の置かれている状況や問題を多く取り扱ったことのある会社のほうが相談しやすいと思います。

女性の退職代行わたしNEXTの特徴

  • 職場と交渉して払いの給料、残業代、退職金などを請求できる
  • 女性がメインの退職代行サービス
  • 退職できなかった場合は全額返金保証
  • 特級認定を取得している(100以上の検査項目におよぶ厳正な審査をクリアした優良退職代行サービス事業者)
  • 転職サポートを使って転職した場合お祝い金最大50,000円支給

②「弁護士法人みやびの退職代行サービス」(汐留パートナーズ)

弁護士法人みやびの退職代行サービス(旧汐留パートナーズ)は弁護士が運営する転職代行サービスです。

弁護士法人みやびの退職代行サービスの特徴

  • 退職代行からトラブル交渉まで弁護士が直接対応
  • 交渉が難しそうな場合やブラックな職場でも安心
  • 未払いの給料、残業代、退職金等の請求

ブラックな職場で働いていると退職のことが言い出せなかったり、園長が激しい性格で話がこじれそうな場合もあるかと思います。

そういった時には本当に安心だと思います。

基本料金は55,000円と少し高めですが、退職することに不安のある方やトラブルになりそうな場合には特におすすめです。

 

 

③「SARABA」

SARABAは労働組合が運営する転職代行サービスです。

SARABAの特徴

  • 職場と交渉して払いの給料、残業代、退職金などを請求できる
  • 退職できなかった場合は全額返金保証
  • 24時間対応
  • 無料転職サポートあり
  • 料金は一律27,000円(オプション料金などは一切なし)

SARABAをおすすめする理由は会社(職場)と交渉できる上に、料金が一律27,000円というリーズナブルな金額だからです。

多くの方が利用している退職代行サービスです。

 

 

④「転職代行Jobs」


退職代行Jobsは法律事務に関する交渉はできませんが、顧問弁護士指導のもとで適切に職場との連絡を行う退職代行サービスです。

退職代行Jobsの特徴

  • 顧問弁護士指導のもとで適切に業務を行っている
  • 24時間対応
  • 退職できなかった場合は全額返金保証
  • 無料心理カウンセリング特典

心理カウンセリングが無料でできることが大きな特徴です。

退職後にどうするか迷っている方や心理的に悩んでいる方におすすめです。

 

転職代行の利用がおすすめの方

  • ブラックな職場でメンタル面で耐えられないのですぐにでも辞めたい
  • 退職したい意思を伝えたら職場の上司や同僚の態度が急に悪くなり辞めるまで居づらくなった
  • 次の職員が見つかるまで辞められない
  • さまざまな条件を提案されて辞められない

上記のような方に利用をおすすめします。

最近では、保育士や介護士などの利用も増えているようです。

退職代行サービスを使うことに気が引ける方へ

メンタル的に弱っていて退職したいことを言えなかったり、言っても退職できない場合にどうすればいいのか途方に暮れてしまう方もいると思います。

自分の力だけで退職することが難しいと思った場合、退職代行サービスに頼ることも必要だと思います。

最近、利用者が急激に増えている退職代行サービスですがこのサービスを使って退職することは全く悪いことではありません。

どうしても不安な方は弁護士や労働組合が運営する転職サービスを利用することをおすすめします。