保育士のお金

保育士もお金と生活のために働いている

保育園が増えても保育士が集まらないことで開園できなかったり、ギリギリの人数で保育をしているという話をよく聞きます。

しかし、なぜ保育士がここまで人手不足かというと仕事内容に賃金が見合ってないからです。

どんなにやりがいのある仕事でも、生活が成り立たない給料で働いていては、意味がないと思います。

保育士の給料は一般企業の平均より約10万円少ないと言われていますが、もし保育士の給料が一般企業と同じ水準まで上がればこの問題はすぐに解決すると思います。

保育士もお金と生活のために働いている

保育士にボランティア精神を求める職場は良くない

何のために働いているかを考える人は多いと思うのですが、お金のために働いている方も多いのではないでしょうか。

お金は命をつなぐ大事なものです。

どんなにきれいごとを言っても、給料が低くて生活ができない人と言っている人は相手にされません。

保育士は必要とされている職業なのです。

保育園の中には、保育士にボランティアの精神を強要して国から支給されている委託費を保育士の給料に回さない園もあります。

ボランティア的な考えを保育士に強要している保育園は、保育士の良心につけこんで自分たちの利益ばかり考えているかもしれません。

コロナで保育士の給料を減らす保育園と委託費の弾力化問題の関係新型コロナウィルスによる緊急事態宣言で臨時休園したり、預かる子どもをエッセンシャルワーカーのお子さんにだけにしている認可の保育園がありま...

お金のために働くということは悪いことではない

お金のために働くことはまったく悪いことではないです。

大半の人は、お金のために働いています。

むしろ、保育士はもっとお金のことを考えたり、お金に貪欲になってもいいのではと思います。

昔から受け継がれている、福祉の仕事に関わっている人達は低賃金が当たり前という考え方は本当におかしいと思います。

そのような感覚を持っている職員が増えていけば、保育士の待遇も変わっていくかもしれません。

転職や副業も考えてみる

転職を考えてみる

転職回数は少ない方がいいと言われますが、保育士はあまり転職回数を気にしないほうがいいと思います。

保育の職場は、待遇面や職場の環境面で良い職場が少ないからです。

私は、30代で結婚してから保育士の資格を取得し、子育てをしながら40代半ばまでに保育の仕事を4回転職しました。

どれも正社員ではありませんが、転職回数はたいした問題ではなかったです。

保育士で転職を考えたことがある方は多いと思います。

転職先を探す時には、保育士専門の転職サイトのコンサルタントに相談するほうがいいと思います。

ハローワークやフリーペーパーなどで求人を探すと職場の細かい情報があまり載っていません。

保育士転職サイトに登録をすると、どのような雰囲気の職場で働きたいのか、給料はどれくらいを希望しているか、行事は多いかなどを相談しながら探すことができます。

希望すれば職場見学も頼んでくれる転職会社もあります。

副業を考えてみる

私は、ベビーシッターの仕事をしているのですが、保育士をしている人にはとてもやりやすい副業だと思います。

実際に私が働いているベビーシッター会社では、保育園で派遣で働きながら副業でベビーシッターをしている人もいます。

こちらのほうがトータルとして賃金が高くなることが多いです。

もちろん、保育園を辞めてベビーシッターの仕事だけをしている人もたくさんいます。

保育士の処遇改善も進んでいるが問題点がある

保育士のための処遇改善はありますが、経験年数が条件に達していても加算金額がもらえる人ともらえない人がいます。

なぜなら、保育士個人に支給されるのではなく保育園にまとまって支給され、支給対象者を決めるのは園だからです。

終わりに

生活保護より最低賃金のほうが低いということで生活保護の受給者が責められたり、女性の貧困がよく話題になりますが、正直に言って保育士の給料は貧困と紙一重だと思います。

保育士がお金の話をすると世間では好ましくないと思われるかもしれませんが、このような風潮は良くないです。

保育をビジネスと考えている株式会社の保育園がたくさんありますが、保育士にはビジネスではなくボランティア精神を求めるという矛盾した考えで運営しています。

保育士にも生活がありますし、お金のために働くという考えはまったく悪いことではないと思います。