主婦と保育の仕事

主婦や中高年が保育士をするならパートや派遣で働いたほうがいい理由

2021.06.28更新

私は、独身の時は事務職をしていましたが結婚を機に退職し、子育てをしながら保育士の資格を取得しました。

その後、保育園、病児保育などでパートや派遣として働いて、現在はベビーシッターをしています。

保育の仕事を経験して感じたことは、保育士は体力的に大変ということです。

事務職の時にも1日に2~3時間の残業が1ヵ月くらい続く日もありましたが、保育士で同じくらいの残業があったら、体力的にきついと思います。

しかし、保育業界は人手不足なので主婦や中高年の求人も多いです。

そこで、主婦や中高年で保育の仕事を探している方には、パートや派遣として働くことをおすすめします。

また、資格がないから無理かもと思っている方は、保育補助や学童保育、放課後デイサービスなどなら無資格でも働くことができます。

ここでは、主婦や中高年が保育士の仕事をするときにはパートや派遣で働いたほうがいい理由について書きました。

主婦や中高年が保育士をするならパートや派遣で働いたほうがいい3つの理由

  1. 体力的にきつい
  2. 業務量の多さと引き替えになるほど給料がもらえない
  3. 人間関係が良くない職場が多い
  4. 問題のある職場が多い

➀体力的にきつい

主婦や中高年が正社員の保育士として働くことはあまりおすすめしません。

なぜなら、体力的にきついからです。

無理をすれば体を壊す可能性もあります。

保育園での仕事は、午前中からお昼寝までが特に忙しいです。

午前中は子供と外で走り回り、お部屋に戻って来てからは昼食の準備、着替えの手伝い、トイレ介助、寝かしつけの流れです。

この間は、自分の水分補給の時間もないくらい子どもたちから目が離せないです。

その結果、腰痛や炎天下での活動による体調不良などを起こすことがあります。

そして、体力がないと集中力も続かないので、子どもにケガをさせてしまう恐れもあります。

家に帰ってから子育てや家事をする体力すら残らないかもしれません。

②業務量の多さと引き替えになるほど給料がもらえない

保育士は、正社員で長く働き続けてもそれほど給料は増えないです。

給料がピークの時でも一般企業の方の半分くらいですし、その山は比較的体力がある30代頃になります。

そのため、体を酷使してまで正社員にこだわることは全くないと思います。

保育関係の仕事は退職金がない場合も多いので、正社員として働き続けるメリットがあまりないこともあります。

主婦や中年以降は、給料と体力のバランスを考えながら働くほうがいいです。

③人間関係が良くない職場が多い

保育士の仕事は連携しながら進めることが多いのでコミュニケーション能力を求められます。

保育の職場は30代くらいまでの比較的若い年齢層が多く、中高年以降の方は疎外感を感じるかもしれません。

また、人間関係が良くない職場が多いのでストレスが多いです。

パートや派遣なら人間関係の問題は割り切って仕事ができますが、正社員として働くとリーダーになることが多いので、簡単に割り切ることはできません。

④問題のある職場が多い

 

保育の仕事で起こりやすい体の不調

  • 外仕事が多いので冷え性になりやすい
  • 夏は熱中症になりやすい
  • 抱っこやおんぶが多く、床に座ることも多いので足腰が痛くなる
  • 十分な休憩が取れないので体の負担が多い
  • 子どものお世話をしながら昼食を短時間で食べるので胃の不調が起こりやすい
  • 感染症がうつる

保育士は給料が低いので、中高年以降になると自分の健康と引き替えにしてまで仕事をするのが割に合わなくなってきます。

主婦や中高年におすすめの働き方とは

保育士の場合、転職によって給料が雲泥の差になることはありません。

よほどの理由がない限り、主婦や中高年はパートや派遣として働くことをおすすめします。

派遣保育士は時給が高いので、正社員と同じくらいの給料をもらえることもあります。

ボーナスで少し差が出ますが、正社員でも年間ボーナスが2か月分くらいしか出ない保育園が多いので、節約をすればその差は少ないです。

むしろ、無理をして正社員で働き続けて健康を損ねてしまった場合、治療による出費、働けない期間が発生するなど金銭面でマイナスになる場合もあります。

また、自分のライフステージに合わせて職場を変えることも必要で、小規模保育園や学童保育で働くのもいいと思います。

実際にパートや派遣保育士として働いている方は多いです。

主婦や中高年におすすめの保育士転職サイト

派遣に強く丁寧な対応「ほいく畑」

ほいく畑は求人が全国に展開されている転職サイト「ほいく畑」です。

こちらは、資格がなくても登録ができる転職サイトです。

コンサルタントに相談しながら仕事を探すことができますので安心です。

ほいく畑がおすすめな方

  • 資格があるけど未経験の方、ブランクがある方、無資格の方
  • 20代~50代くらいの幅広い年代の方が登録しているので中高年の方も安心して仕事を探せる
  • 派遣に強い転職サイトですので派遣で働きたい方

 

拠点となる支社 北海道、大阪、南大阪、神戸、京都、東京、横浜、さいたま千葉、静岡、名古屋、福岡、広島、水戸、北九州、宇都宮、豊橋、高崎の18か所
求人の種類 認可保育園、認可外保育、院内保育、病後児保育、企業内保育、学童保育、幼稚園、こども園など
求人数 4,000件以上(非公開求人あり)
雇用形態 正社員、パート・アルバイト、派遣、紹介予定派遣

特徴

  • 毎月5の付く日に給料週払い制度がある(派遣保育士のみ)
  • 未経験、ブランクあり、の求人が多い
  • 無資格OKの求人もある
  • 派遣の求人が多い
  • 土日、夜間でも面談が受けられる
  • 無料セミナーが受講できる
ねこプリン
ねこプリン
ほいく畑はブランクがあったり、無資格でもOKの求人があるのが特徴です。また、資格は持っているけど保育の仕事をしたことがない方や短時間の仕事を探している方にもおすすめです。

 

ほいく畑

 

 

人間関係を第一に転職したい方は「保育エイド」がおすすめ

保育エイド人間関係の悩みに特化した保育士転職サイトです。

保育エイド~人間関係で悩まない保育園へ転職できました

求人エリアは関東が中心となります。

職場の悩みや、転職のタイミングなどが相談できます。

また、メール、電話、LINEなど相談の仕方はたくさんあり、実際に転職しなくても相談のみも可能です。

コンサルタントは全員女性です。

「職場の人間関係のことを相談するのはちょっと・・・。」と思っている方にも「保育エイド」は最初から人間関係に特化した保育士転職サイトですので相談しやすいと思います。

非公開求人ですので登録した方のみが求人を見ることができます。

ねこプリン
ねこプリン
人間関係のことは転職の時にマイナスになると思い言いづらい方も多いですが、保育エイドでは最初から人間関係のことを話題をにできるのがメリットです。



 

小規模保育園や事業所内保育の求人が多い「保育バランス」

3つ目に紹介する保育士転職サイトは、小規模保育園、事業所内保育などの求人数が多い「保育バランス」です。

求人地域は関東が中心となります。

大規模保育園でたくさんの子どもを保育するのではなく、少人数の子どもをじっくり保育したいという方や、行事が少ない職場を希望している方におすすめします。

主婦にとって行事が多い保育園は、準備など仕事量も増えるので負担になることが多いので小規模園中心で探せることは大きなメリットだと思います。

非公開求人ですので登録した方のみ求人を見ることができます。

上記の「保育エイド」と姉妹サイトです。

ねこプリン
ねこプリン
小規模園に特化した求人サイトなので、落ち着いて保育ができる環境が見つかりやすいです。



終わりに

最近では、小規模保育園や、事業所内保育園など小規模で行事が少ない保育園が増えています。

このような保育園は体力的にも楽で、主婦や中高年が働きやすい職場ですので人気があります。

体を壊さないようにしながら給料とのバランスをとって働いたほうが、結果として損をしない働き方になると思います。