保育士の働き方

保育士の派遣ってどうなの?【派遣で働いてもメリットがある理由】

2022.01.06更新

派遣と聞くと不安定なイメージがある方も多いかもしれません。

では、保育士は正社員になれれば安定するのでしょうか?

または、公務員の保育士になれば安定するのでしょうか?

保育士の場合、どちらも必ず安定するとは言えないと思います。

公務員でも?

正社員なのに…。

と思う方もいると思います。

保育の仕事は賃金が低いからということもあるのですが、それ以外に大きな問題があります。

それは、人間関係が良くない職場、問題のある職場が多いことです。

実際に、私の娘が通っていた公立の幼稚園では、職員同士のいざこざで公務員の保育教諭が辞めてしまいました。

保育の職場は、女性ばかりの閉鎖的環境なので居づらくなってしまったのかもしれません。

そして、私がパートで勤めていた保育園は保育士の出入りが激しく、1年で3人の保育士が辞めました。

この保育園は人間関係の問題ではなく、休憩が取れない、残業代が出ないなどの問題でたびたび園長と保育士が対立して話し合っている園でした。

このようなことから、保育の仕事は正社員になったからといって安定するとは限らないのです。

 

一般的に転職はしないほうがいいと言われています。

なぜなら、転職しても前職より良い条件で働けることは少ないからです。

しかし、保育の業界ではあまり当てはまりません。

はっきり言うと、保育の職場は無理をして働いても報われないことが多いので、転職して環境を変えたほうが良いことが多いです。

今回は、保育士が派遣で働くメリットについて書きました。

保育士は職場の環境や人間関係を優先したほうがいい

保育士も正社員になったほうが安定すると思っている方は多いと思います。

しかし、安定に必要な要素は、正社員になることや給料面だけではなく、休憩が取れる職場か、人間関係が良いかなどの環境面も保育士には重要な要素です。

なぜなら、保育士は一人でできる仕事ではなく、チームワークで成り立つ仕事だからです。

給料面ではあまり期待はできなくても、環境面や人間関係が良ければ結果的に長く仕事が続けられることが多いです。

保育士の仕事が安定しづらい理由

  1. 業務量の割に給料が低い
  2. サービス残業、持ち帰りの仕事がある
  3. 休憩が取れない
  4. 人間関係が悪い
  5. 体力的にきつい
  6. 結婚・出産後も正社員で働くのが厳しい
  7. 問題のある職場がある

➀業務量の割に給料が低い

昔、保育士は保母と呼ばれていて、母親代わりの仕事という位置づけだったため給料が低かったようです。

また、寿退社が当たり前だったようです。

この考えが今でも抜けきらないので、給料が低い原因にもつながっています。

また、国から運営費として保育園に支給されている委託費を、園が保育士の人件費に適切に使っていないことも原因です。

②サービス残業、持ち帰りの仕事がある

基本給が低いうえに残業代が出ないので、時給に換算するとパートで働くのと変わらないくらいになってしまいます。

サービス残業のせいで正社員なのに最低時給くらいで働いている方もいます。

③休憩が取れない

休憩を取ることは労働者の権利ですが、保育園によっては取りづらい雰囲気のところもあります。

主な原因は人手不足です。

規定時間分の休憩が取れないことで疲弊してしまい、辞めてしまう保育士が多いのです。

④人間関係が悪い

平成30年の保育士実態調査によると保育士の退職理由ので1番多いのが職場の人間関係で、2番目に多いのが給料が低いことだそうです。

出典 平成30年度保育士実態調査

保育士は人間関係の問題で仕事を辞めるの方が一番多いようです。

人間関係が理由で辞めたというと、我慢が足りない、つまらない理由で辞めたと言う人もいます。

しかし、人間関係が悪い職場ということはそれだけで様々な不安定要素が生まれます。

正社員ならリーダー業務があるのでとてもやりづらくなります。

人間関係が悪いとメンタル面に不調が出たり、チームワークが乱れることで仕事に支障が出ることもあります。

人間関係が良くない職場はそれだけで不安定な職場ということになります。

⑤体力的にきつい

30代後半にもなると体力の衰えを感じるものですが、保育士はずっと現場で働かなければなりません。

正社員の保育士を続けることは、体力的にきつくなってくる方もいます。

⑥結婚・出産後も正社員で働くのは厳しい

保育士は、独身の時でさえ業務量が多く体力的にも大変なので結婚・出産後は退職したり、パートや派遣で扶養範囲内で働く方が多いです。

また、昔は寿退社が前提で、今に至るまで結婚してからも働きやすい職場になるように改善してこなかったことも正社員を続けづらい原因になっています。

これは、最近よく言われている女性の貧困にもつながる問題です。

結婚・出産後にも正社員で続けられないなら初めから安定などしていない仕事だと思います。

⑦問題のある職場が多い

問題のある職場では、保育士が子どもを差別していたり、からかったりしています。

また、子どもに無理にご飯を食べさせたり、無理矢理寝かしつけたりしている園もあります。

無理矢理寝かしつけるのは、起きている子どもがいても見ている保育士がいない、子どもが寝ないと事務仕事ができないという人手不足が原因のことが多いです。

保育士はストレスを抱えていることが多いですが、それを子どもにぶつけている保育士も残念ながらいます。

問題のある職場は、事故にもつながるので早めに辞めた方がいいです。

正社員保育士の負担は減らない

正社員で保育士を募集しても人が集まらないので、国は保育士の業務をパートや派遣保育士(非正規)で回せるように緩和させようとしています。

正社員の保育士が集まらない理由の一つに、結婚後はパート保育士になってしまうことがあります。

結婚後も正社員の保育士として働きたい方もいると思っていても、業務量の多さや体力的なきついなどの理由でパートなどの非正規でしか働きたくない方が多いからです。

実際、保育園では非正規の保育士が多く働いています。

しかし、非正規の保育士は、業務の途中で帰る時間になってしまったり、保護者への引き継ぎ時にはいないことが多く、割り振られる仕事が限定的です。

その結果、正社員保育士の負担が減らないのです。

もし、正社員の保育士パートや派遣の保育士8:2くらいのバランスだったらもっと業務を分担することができるので今ほど過酷な仕事にはならないはずです。

このような流れですので、正社員の保育士の負担は減らない傾向です。

保育士は派遣で働いてもメリットがある理由

派遣というと派遣切りなど不安定なイメージですが、保育士の派遣は需要が多いので職場が見つかりやすいです。

パートより時給が高いところも魅力です。

 

     派遣保育と正社員・パート保育士の違い 

派遣社員 正社員・パート
雇用主 派遣会社 保育園
給与支払い 派遣会社 保育園
社会保険・福利厚生 派遣会社の規定に従う 保育園の規定に従う
雇用期間 有期雇用
(同じ職場なら3年まで)
正社員(無期雇用)
パート(有期雇用)
現場での指揮・命令 保育園 保育園
派遣保育士のメリット
  • 時給はパートより高く、残業もほぼないのでホワイトな働き方ができる
  • 週3日、一日5時間など勤務条件を選べる
  • 残業があっても残業代が出る
  • 有給休暇が取れる
  • 社会保険・福利厚生がある
  • わずらわしい人間関係から距離を取ることができる
派遣保育士のデメリット
  • ボーナスは出ない
  • 雇用期間がある

派遣保育士は派遣事務職より派遣切りの心配が少ない

派遣は不安定だからやっぱり正社員になったほうがいいと思う方もいるとは思います。

また派遣切りが心配という方もいるかもしれません。

しかし、保育士と事務職では派遣を雇う理由が違います。

保育士と事務職では派遣を雇う理由が違う

  • 保育士⇒正社員を募集しても集まらない⇒人が足りない⇒派遣を雇う
  • 事務職⇒人が足りているので正社員は雇いたくない⇒今だけ人が必要⇒派遣を雇う

そのため、事務職のように派遣切りに怯えることもないですし、仮に派遣切りにあってもまたすぐに他の職場が見つかります。

緊急事態宣言で派遣保育士が切られることもあったようですが、保育士不足は続いているのですぐに需要がなくなるということはないです。

また、派遣保育士は事務職などと違い、正社員との給料が雲泥の差になることはありません。

どうしても合わない職場は契約を更新しなくてもいい

派遣で働く場合、最初は2ヵ月から契約などとなっていますので働いてみて合わない時は、規約を更新しなければ別の職場を探してもらうこともできます。

実際に働いてみたら人間関係がこじれていて、仕事が回っていない状態だったということもあるようです。

保育の職場は働いてみないと分からないことも多いのですが、派遣は身軽なのでブラックな職場から逃げることもできます。

派遣は持ち帰りの仕事や残業はほとんどない

保育士の正社員は、”定額使い放題”のような扱われ方をされることが多いですが、その点派遣保育士は派遣会社から守られているのでそのような心配はありません。

派遣会社と保育園で派遣保育士には残業させない契約をしています。

もし残業があった場合でも残業代が出ます。

終わりに

今の時代で正社員が安定しているのは一部の会社などに限られるのかもしれませんが、保育士の場合、派遣で働くことはメリットも多いと思います。

おすすめの保育士の転職サイト

ほいく畑

ほいく畑は厚生労働大臣認可の保育士就職支援センターで、関東と関西に求人が多いですが全国にも展開しています。

ほいく畑がおすすめな方

  • 未経験の方、ブランクがある方、無資格の方
  • 20代~50代くらいの幅広い年代の方が登録しているので中高年の方も安心して仕事を探せる
  • 派遣に強い転職サイトですので派遣で働きたい方
ほいく畑

人間関係を第一に転職したい方向け「保育エイド」

保育エイド人間関係の悩みに特化した保育士転職サイトです。

求人エリアは関東が中心となります。

職場の悩みや、家庭、転職のタイミングなどが相談できます。

また、メール、電話、LINEなど相談の仕方はたくさんあり、実際に転職しなくても相談のみも可能です。

コンサルタントは全員女性です。

下記の「保育バランス」の姉妹サイトで、転職にスピードを求めるのではなく、じっくりと考えながら人間関係の良い職場を探したい方におすすめです。

最初から人間関係が良い職場を探すことを目的とした転職サイトですので、人間関係の問題が相談しづらい場合でも安心です。

非公開求人ですので登録した方のみが求人を見ることができます。


ねこプリン
ねこプリン
人間関係のことは転職の時にマイナスになると思い言いづらい方も多いですが、保育エイドでは最初から人間関係のことを話題をにできるのがメリットです。

 

小規模保育園や事業所内保育の求人が多い「保育バランス」

保育バランス小規模保育園、事業所内保育などの求人数が多い保育士転職サイトです。

大規模保育園でたくさんの子どもを保育するのではなく、少人数の子どもをじっくり保育したいという方や、行事が少ない職場を希望している方におすすめします

非公開求人ですので登録した方のみが求人を見ることができます。

求人エリアは関東が中心となります。

上記の「保育エイド」と姉妹サイトです。

ねこプリン
ねこプリン
小規模園に特化した求人サイトなので、落ち着いて保育ができる環境が見つかりやすいです。



 

 

 

RELATED POST
保育士の働き方

保育士は結婚した後も続けられる?

2020年8月17日
保育の仕事は転職でHappyになる
最近は、結婚後も働き続ける女性が増えていますが、非正規雇用で働く女性がまだまだ多いようです。 保育士は結婚後も正社員として働くことはできるのでしょうか? 結婚した後の環 …