ベビーシッター

ベビーシッターの仕事内容とは? 

2020.12.14更新

ベビーシッターって最近よく聞けど、知り合いでベビーシッターをしている人もいないし、見たこともないという方もいると思います。

しかし、最近ではベビーシッターの需要が高まっていることもあり、ベビーシッターを仕事にしている方も増えてきました。

これからますます注目され、認知度も高まっていく仕事だと思います。

 

ベビーシッターには利用者が依頼するとシッター会社から派遣される派遣型と、利用者とシッターとが直接やり取りをして依頼が成立するマッチング型があるのをご存知でしょうか。

今回は、ベビーシッターの仕事について書きたいと思います。

派遣型ベビーシッターとマッチング型ベビーシッター

派遣型ベビーシッター

派遣型は、所属する会社の研修を受けてからシッターとして働きます。

使用者からの依頼は会社が引き受けますので、利用者との直接のやり取りはありません。

また、トラブルの相談やシッティング内容の打ち合わせも会社を通して行われます。

会社によっては保護者向けの子育てセミナーなどの企画を用意しているところもあります。

時給は各ベビーシッター会社によって決められていることが多いです。

マッチング型ベビーシッター

保育経験があったり、子育て経験、子どもが好きという理由でベビーシッターをしている方が多いですが、基本的な研修をしているところがほとんどです。

シッティングの依頼や、内容の打ち合わせ、オプション料金のことなどをシッターと利用者が直接やり取りをして決めます。

しかし、ちょっとしたトラブルや、行き違いも直接話し合って解決させる場合が多いので派遣型より大変な面もあります。

時給は1h/1,500円前後です。(人気のあるシッターは2,000円以上の場合もあります。)

ベビーシッターの仕事の流れ

派遣型⇒利用者からシッター会社に依頼がある⇒シッター会社からシッターに連絡がくる⇒シッター会社とシッターが打ち合わせ⇒シッターと利用者が事前面談をする⇒シッティング当日

マッチング型⇒利用者から直接シッタに依頼がくる⇒利用者とメールや電話で連絡を取ってから事前面談をする⇒シッティング当日

派遣型ベビーシッターの場合は利用者とシッタ―の間にシッター会社が入るのである程度のの確認事項はシッター会社がしてくれますが、マッチング型では利用者とシッターのみで進めるので面談では細かく確認をしておいたほうがいいです。

また、面談は電話するよりも、お子さんがいる時に会って面談をしたほうがいいです。

お子さんと遊んでもらい、相性を見てから決めたほうが安心だと思います。

マッチング型での面談での確認事項

面談をするときの確認事項

①シッティング場所への行き方(自宅ではない場合もあります)、交通費の確認

②アレルギーの有無、平熱、食べ物の好き嫌いや、性格、好きな遊び、などお子さんの特徴の確認

③昼食、おやつ、お風呂の時間、お昼寝する場所とオムツ、体温計の場所の確認

注意お風呂に入れる場合は、熱がないことを確認し、足ふきマット、タオル、下着、パジャマの場所等も確認しておきます。
頭からシャワーをかけることを嫌がるお子さんがたくさんいますので、普段どのように洗っているかも確認しておいた方がいいです。

④インターホンが鳴ったときの対応の仕方の確認

⑤保険証等のコピー、緊急連絡先の確認、避難所の確認

保護者が急いでいる場合は事前面談をしないで預かるときもありますが、通常は必ず事前に顔を合わせておいたほうがいいです。

事前に会うことで、保護者に安心感を与えることができますし、お子さんと保護者の関係や
、家庭の雰囲気なども分かるので安心して預かることができます。

確認事項は登録しているシッター会社によっても若干変わるとは思います。

ねこプリン
ねこプリン
事前面談はなるべくすることをおすすめするよ。

シッターとしてお世話する時のポイント

当日は、お子さんの体調確認や引き継ぎをしたあと、玄関で保護者をお見送りします。

ここからがシッティングのスタートです。

  1. 基本的には子どもが安全に楽しく過ごせるようにお世話することが一番
  2. 各家庭の子育て方針に従ってお世話する
  3. 臨機応変に対応する
  4. 目を離さない
  5. うつぶせ寝は絶対NG

➀基本的には子どもが安全に楽しく過ごせるようにお世話することが一番

おむつ替えや、食事の補助、トイレトレーニング、寝かしつけなどが通常のお世話になります。

人見知りが激しいお子さんの場合、初めて見るベビーシッターに警戒して泣き続けてしまうこともあります。

その場合はずっと抱っこで過ごすことになってしまう可能性もあります。

ほとんど遊べず泣いていて、抱っこをしながらそのままぐっすり寝てしまい預かり時間が終わってしまったこともありました。

人見知りをする子どもでも、30分位すると泣き止んで一緒に遊ぶことができるようになるときもあります。

保育園に通っているお子さんの中には、最初から人見知りをせずにどんどん話してくるお子さんもいます。

②各家庭の子育て方針に従ってお世話する

ベビーシッターは、家庭の子育て方針に従ってお預かりすることがほとんどですので、お昼寝をしなかったり、食べ物を残した時などには基本的には保護者と同じ対応(教育方針)をします。

③臨機応変に対応する

また、子どもは保護者に見せる顔とベビーシッターに見せる顔が違うと思いますので、臨機応変に対応するべきだと思います。

④目を離さない

食事の補助は年齢に合わせて細かく切って食べさせてあげたり、自分で食べられる子どもの場合は、口に詰め込み過ぎていないか、よく噛んでいるかなどを見て常に目を離さないことが大切です。

保護者によってあまり細かく切らないで食事を用意している場合もありますので注意が必要です。

お風呂は一緒に裸になって入るのではなく、レインコートやカッパを着て対応します。

湯船で事故がないように見守り、小さな子どもは転倒しやすいので体を支えながら洗ってあげたほうがいいです。

⑤うつぶせ寝は絶対NG

寝かしつけは、途中からではなく最初からうつ伏せ寝を避けて寝かしつけます。

子どもとの接し方に気を付ける

お子さんとの相性が大事

保護者との相性ももちろん大切ですが一番はお子さんとの相性です。

同じようにお世話をしていても相性が悪いと子どもから拒否をされたり、全然話を聞いてくれないこともあります。

その結果、避けられるはずの事故に繋がることもあります。

子どもや赤ちゃんといっても一人一人気性も性格も違いますし、シッターもそれぞれ違います。

相性が合わないお子さんと第三者がいない状況で密接に関わることは、お子さんに精神衛生上良くないので心に留めておいた方が良いと思います。

お子さんとの接し方

子どもと距離が近い状況で一対一でお世話をしますので子どもの人格を尊重しながら、温かく接することが求められます。

また、保護者の教育方針に従い、主観的な保育はしないほうがいいと思います。

お子さんが充実した時間を過ごせるように、十分なコミュニケーションを取ってたくさん遊ぶことが大切です。

お子さんが満足して楽しく過ごせたかどうかは、直感的に保護者に伝わります

そして、お子さんの楽しそうな表情や態度は保護者の満足に繋がります。

このような好循環になるとリピートしてくれる利用者を増やすことができると思います。

終わりに

ベビーシッターは、お子さんを見ている時は一人ですので誰かに頼ることが出来ません。

段取りを組んで導線を確保し、お子さんから目を離すことがないようにすることが大切だと思います。

保育園などで働いていた方は、集団保育の中では行き届かなかったお世話や、業務に追われて子どもの話を聞く時間がなくモヤモヤしたものが払拭され、保育がより楽しいものになると思います。