ベビーシッター

ベビーシッターを利用する時のポイント【マッチング型に登録している方必見】

2021.02.06更新

ベビーシッターを利用したことがある方はまだ少ないと思うのですが、最近は急速に需要が伸びています。

ベビーシッターは利用しづらいというイメージでしたが、最近は一般的にも広まってきていて利用者も増えています。

ベビーシッターには、利用者が依頼するとシッター会社からベビーシッターが派遣されて来る派遣型と、利用者とシッターが直接やり取りをして依頼するマッチング型があります。

派遣型は、料金は高めですがシッターの選定は会社が側で行い、依頼内容などもシッター会社がシッターに伝えます。

万が一トラブルがあった場合にも会社を通して行われます。

マッチング型は、料金はリーズナブルでシッティングの内容などは利用者とシッターが直接やり取りをして決めます。

そのため、きめ細かい要望ができたり融通が利くこともありますが、小さなトラブルや行き違いは直接話し合って解決させることが多いです。

マッチング型は、利用者が自分で選ばなければならないのでどんなところを見て選べばいいのか悩んでしまう方もいると思います。

私は、マッチング型のベビーシッターになって3年目になりますが、今回はこの経験をもとにマッチング型を利用する時に重視するポイントについて書きました。

ベビーシッターを利用するにはシッター会社に登録することが必要ですが、すでに登録されていることを前提として書いています。

ねこプリン
ねこプリン
ここでは、マッチング型のベビーシッターを選ぶときに重視するポイントや、注意点などを書いたよ。

マッチング型ベビーシッターを利用する時のポイント

まずは、登録したシッター会社のHPやアプリなどから以下のような条件で絞ってマッチしているシッターを選びます。

  • 料金(マッチング型の場合はシッターによって料金が違います)
  • 預り可能時間
  • 資格の有無
  • 病児保育に対応しているか
  • 家からどれくらいの距離か(マッチング型の場合はシッターの交通費も支払うことになります)

シッターのプロフィールには、シッターの名前、年齢、住んでいる場所、資格の有無、保育経験などが書いてあります。

この中から条件の優先順位を決めて選びます。

もちろん、資格があり保育経験がたくさんあるということは安心材料になると思いますが、選ぶときには人柄と子どもとの相性が重要になってきますのでお子さんを預ける前には必ず事前面談をしたほうがいいです。

高い保育技術や知識があることに越したことはないのですが、保育や介護などの職種は、他の職種より虐待やわいせつ行為などが多いのが実情です。

面談時には、資格証や身分証を持参してもらい、可能ならコピーを取ることをおすすめします。

面談時の確認事項

面談をするときの確認事項

①預かり時間、料金、交通費の確認(マッチング型の場合はシッターの交通費も支払うことになります。)

②アレルギーの有無、平熱、食べ物の好き嫌いや、性格、好きな遊びなどを伝える

③昼食、おやつ、お風呂の時間、お昼寝する場所とオムツ、体温計の場所などを伝える

注意お風呂に入れる場合は、熱がないことを確認し、足ふきマット、タオル、下着、パジャマの場所等も確認しておきます。
頭からシャワーをかけることを嫌がるお子さんがたくさんいますので、普段どのように洗っているかも確認しておいた方がいいです。

④インターホンが鳴ったときの対応の仕方

⑤保険証等のコピー、緊急連絡先、災害時の避難所の確認

面談の時は自分の子どもの話を色々聞いてもらいたい気持ちになると思いますが、まずは子どものどんなところが好きか、ベビーシッターの仕事のどんなところが楽しいか、子どもが泣いている時はどうやって対応しているか、などを聞いてそのシッターの性格や趣向をさりげなく聞いてみたほうがいいです。

その後、自分の子どものことを話したり一緒に遊んでもらって子どもとの相性が良いかを確認したほうがいです。

厚生労働省が出したベビーシッターと保護者の間で確認しておくべきことの10か条について

最近、ベビーシッターによるわいせつ事件があったことにより厚生労働省からベビーシッターと保護者の間で確認しておくべきことの具体的内容10か条が出されました。

出典 ベビーシッターなどを利用する時の留意点(厚生労働省 令和2年6月改訂)

その内容が以下の10か条です。

①まずは情報収集を
②事前に面接を
③事業者名、氏名、住所、連絡先の確認を
④保育場所の確認を
⑤資格や研修受講状況の確認を
⑥保険の確認を
⑦預けている間もチェックを
⑧緊急時における対応を
⑨子どもの様子の確認を
⑩不満や疑問は率直に

上記の10か条もぜひ活用してください。

ベビーシッターに子どもを預けて外出するときの注意点

家に子どもとベビーシッターを2人だけにして外出することは不安もありますし、盗難なども心配される方もいると思います。

そこで、注意点やシッターへ伝えておくことを書きました。

子どもをベビーシッターに預けて外出するときに注意することとシッターに伝えておくこと

子どもをベビーシッターに預けて外出するときに注意すること

①貴重品や見られたくないものなどは、カギのかかるケースにしまう

カギのかかるケースがない場合は、入ってはいけない部屋を作ってその部屋に置いておく

②子どもがぐずったり、わがままを言った時(もっとおかしが食べたい、動画が観たいなど)の対応方法を共有しておく

③心配な時は、防犯カメラを設置しておく(このことはシッターに知らせておいたほうがいいです。)

④シッティングに必要な物はあらかじめ用意しておき、引き出し等は開けないように伝える

シッターに伝えておくこと

①シッティング場所への行き方(自宅ではない場合も含めて)、交通費の確認

②アレルギーの有無、平熱、食べ物の好き嫌いや、性格、好きな遊びなど

③食事やおやつの時間と場所、オムツ、体温計の場所、お昼寝の時間と場所、お風呂の時間、公園などで遊ばせるかなどお世話に関すること(お風呂に入れる場合は、熱がないことを確認し、足ふきマット、タオル、下着、パジャマの場所等も確認しておきます。頭からシャワーをかけることを嫌がるお子さんがたくさんいますので、普段どのように洗っているかも確認しておいた方がいいです。)

④インターホンが鳴ったときの対応の仕方

⑤保険証等のコピー、緊急連絡先の確認、避難所の確認

⑥緊急時に避難できるように家のカギを置いておく(カギを置いておくのは不安かもしれませんが災害などが起きたときにカギを掛けずに家を出ることになってしまいます。)

⑦勝手に判断をしないで分からない時はいつでも連絡してほしいと伝えておく

子ども、保護者、ベビーシッターそれぞれの関係を風通し良くしておくことが大切です。

また、立ち入られたくない部屋や、やってほしくないことは先に手を打ったり知らせておいたほうがいいです。

ベビーシッターによるわいせつ事件があったことにより、厚生労働省からベビーシッターと保護者の間で確認しておくべきことの具体的内容10か条が出されました。

出典 ベビーシッターを利用するときの留意点 (厚生労働省 令和2年6月改訂)

帰宅後はシッターにシッティングの様子を聞きながらお子さんの様子を観察する

帰宅したら、どのようなスケジュールで、どんなふうに過ごしたか、食事量、排便はあったかなどを確認します。

そして、帰宅後はお子さんをよく観察することが重要です。

また、シッターが帰った後にお子さんが暗い表情をしていたり、悲しそうに何か訴えてくるようだったらきちんと話を聞いてあげてください。

問題に気付く手掛かりになります。

終わりに

ベビーシッターは便利なサービスですが、子どもを預けるだけでも不安なのに自宅に呼ばなければならないという精神的負担もともないます。

そのため、たくさんのシッターと面談をしてから選ぶ方もいるようです。

お子さんとの相性や人柄が良いシッターに縁をすれば、保育園とはまた違った充実した保育ができ、お子さんの成長にもつながると思います。