ベビーシッター

ベビーシッターの需要が増えている

2021.12.15更新

緊急事態宣言が出された時に保育園を利用できなかった方や、保育園の利用を自粛していた方、集団保育に入れるのが怖いと思われる方なども多かったようです。

このような中、ベビーシッターを利用する保護者は結構いました。

在宅勤務やテレワークの普及で自宅で仕事をすることが増え、子どもが自宅にいて仕事ができない保護者がたくさんいたからです。

ここでは、ベビーシッターの需要が増えていることや、ベビーシッターに求められるオプションについて書きました。

ベビーシッターの需要が増えている

コロナ禍で子どもを保育園に預けることを敬遠してしまったり、待機児童になり保育園に預けることができない場合、ベビーシッターはとても心強い存在です。

また、緊急事態宣言中でもベビーシッターの需要がなくなることはなく、子どもを預かってほしいという保護者もいました。

ベビーシッターは預けるのに融通が利きやすく、各家庭に合ったきめ細かい保育ができるので、保護者にも子どもにもストレスが少ないです。

保護者が仕事をするために子どもを預かることが多いですが、最近はベビーシッターにオプションが求められることがあります。

ねこプリン
ねこプリン
ベビーシッターは、0歳~12歳(15歳までのところもあります)までのお子さんを預かるので、4、5歳児以降や小学生以上のお子さんを預かる場合には、日常のお世話以外にオプションを求められることがあります。

ベビーシッターは、他の分野での経験や、得意なことを活かして子どもに教えることも仕事の一つになります。

ベビーシッターに求められるオプション

英語ができるベビーシッター

最近は英話を習っている子どもが増えていることもあり、幼児から小学生くらいまでの子どもを預ける時に、英語が話せるベビーシッターを希望している保護者が増えています。

幼児でも年長さんくらいになると自分のことが出来るようになってきますので、お世話だけではなく、時間を有効に使いたいと思っているようです。

子どもに慣れているベビーシッターに英語を教えてもらえるなら、多少料金が上がっても教えてもらいたいという保護者もいます。

今後も、英語が出来るベビーシッターへの需要はますます増えると思います。

習い事を教えられるベビーシッター

ベビーシッターという立場ですが、実際は家庭教師ができる大学生、小学校教諭の資格を持っている人、ピアノの先生、スポーツインストラクター、プログラミング経験者、家事が得意な人など様々な人がベビーシッター会社に登録しています。

ベビーシッターへの要望は英語以外にも色々あります。

幼稚園、小学校の受験の勉強を教えられる人、クラシックバレー経験者、プログラミングを教えられる人など幅広い要望があります。

ベビーシッターは子どもを預かってお世話をするだけのイメージが強いと思いますが、このように保護者の要望は多様化しているのです。

家に来てもらえば、少し遅い時間でも家庭の都合に合わせることができますし、お子さんによっては家のほうが落ち着いてレッスンを受けられるという場合もあります。

ベビーシッターの平均時給は1500円くらいですが何かを教えられたり、得意なことがあると時給はそれ以上になることもあります。

ベビーシッター会社によっては、付加価値があることでオプションとして時給をUPさせることができます。

ベビーシッターは保育関係の資格がなくても出来る仕事ですので、今までの経験や保育に関係のない様々な資格を活かしながら働くこともできるのです。

副業を探している方にもおすすめしたいです。

※しかし、どうしても小さな子どもを見たい方やベビーシッターを本業にしたい方は保育関係の資格を取ったほうが良いかと思います。

病児保育ができるベビーシッターの需要も多い

保育園では、37.5度以上の熱があったり、風邪を引いているお子さんはお休みしなければならないです。

しかし、急に仕事が休めない保護者にとってはとても困ることです。

病児保育を利用する保護者もいますが、病児保育を行っている保育園は限られています。

このことから、病児保育経験、看護師経験があるベビーシッターの需要も増えています。

終わりに

待機児童が増えたり、働き方が多様化したことで、ベビーシッターの需要は高まっています。

保護者からの要望が増えたことにより、子どものお世話をして預かるという今までのイメージとは異なるものになってきました。

ベビーシッターは様々な分野の経験者が求められています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RELATED POST
ベビーシッター

ベビーシッター利用支援事業とは

2020年3月2日
保育の仕事は転職でHappyになる
まだ知らない方も多いかと思われますが2018年より東京都で始まった事業で、待機児童のお子さんを保育園の代わりにベビーシッターがお預かりする制度です。 居住する自治体から対象者 …